1.通信販売のあらまし

皆さんは通信販売に興味をお持ちでしょうか。そしてこの通信販売をよく利用されているでしょうか。現在は様々な商品の販売形態、及び購買の方法が有りますが、この通信販売も私達の社会にすっかり定着しています。現在これを御覧の皆さんの中にも、この通信販売を利用されたことのある方も少なくないかと思います。ここではそんな通信販売に焦点を当てて紹介していきます。

通信販売(つうしんはんばい)はよく通販とも略称されていますが、ここでは通信販売という呼称で通すことにします。それでは通信販売とは一体どのような形態なのでしょうか。通信販売は小売業態に含まれます。そしてその小売業態のうちの所謂無店舗販売の一つとなります。皆さんも御存知のように通信販売は店舗ではなく、主にテレビやインターネット等のメディアを利用して商品を展示しています。通信販売の場合、消費者は実際に商品を手にとって見るのではなく、そうしたメディアを通して商品を目にすることになります。そしてそのメディアにアクセスした消費者から通信手段を通じて注文を受け、商品を販売する方法です。これが所謂通信販売と呼ばれる販売方法なのです。
もっとも皆さんもよく御存知のように、近年は電子商取引が普及し、拡大の一途を辿っています。それに伴い、現在では「通信販売」及びその略称である「通販」と言うと、単にインターネットのウェブサイト等による電子商取引を意味する事も有ります。これを含めた所謂電子商取引の項目に関しては、また別の機会に紹介することにします。
ところでこの通信販売は、実際にはどのように行なわれているのでしょうか。ここでは皆さんが普段よく目にするであろう一般的な通信販売のスタイルを例にとって説明することにします。
一般的な意味の通信販売においては、商品の展示は主に以下の手段によって行われます。
まず通信販売と聞いて多くの皆さんが思い浮かぶであろうテレビが有ります。それにラジオも有ります。そうした媒体のコマーシャルが真っ先に挙げられます。それからテレビやラジオの番組にはショッピングコーナーと呼ばれるコーナーがあって、通信販売が盛んに宣伝されています。またあるいは最近はCSやケーブルテレビ等も普及しています。そのようなCSやケーブルテレビには、通信販売の為に設置された通信販売の専門チャンネルも有ります。現在これを御覧の皆さんの中にも、実際にこのような通信販売専門のチャンネルに加入して、新たに通信販売を楽しんでいる方も少なくないかと思います。また以上で紹介した通信販売の形態を、テレビショッピング、ラジオショッピング、或いはインフォマーシャル等と読んだりします。勿論こういった呼称は主にその媒体の種類によって使い分けられるケースが多いようです。

通信販売と聞いて皆さんが真っ先に思い浮かべるのは、以上のような主流の媒体、及び新進の媒体かもしれません。こうした媒体の効果も有って、現在通信販売の市場は着実に広がっています。また通信販売の媒体は以上で紹介した内容に止まりません。これらの媒体以外にも皆さんもよく知っているような新聞や雑誌の広告、それに折込チラシも有ります。これらも通信販売における有力な媒体です。皆さんも毎日知らず知らずのうちにこれらの通信販売の媒体を御覧になっているのではないでしょうか。

おすすめWEBサイト 5選

池袋 美容院

人気のサッカーユニフォーム